キャリアダウンするの?転職や異動のメリット&デメリット【おすすめの転職サイト】

スポンサーリンク

こんにちは、アリナ(@miia85_dct)です。

仕事を続けていくと、さまざまな理由から転職や異動を考える人は多いでしょう。

しかし、「転職・異動=キャリアアップ」というわけではありません。

キャリアダウンの場合、注意点を踏まえて転職や異動を慎重に検討したいものです。

この記事では、「キャリアダウンでも転職するメリット」や、「キャリアダウンで転職するデメリット」を紹介します。

本当に転職や異動をしても後悔しないか迷っている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

キャリアダウンとは?

キャリアダウンとは、次のようなことを言います。

  • 役職が低くなる
  • 大企業から中小企業へ転職する
  • 今まで勤めていた会社の年収よりも低くなる

転職や異動は、以前勤めていたときよりも良い条件の会社にキャリアアップすることだけではありません。

たとえ定時上がりのホワイト企業に転職したとしても、注意が必要です。

キャリアダウンでも転職する理由&メリット

キャリアダウンはあまり良いイメージをもたれませんが、自ら選択する人もいます。

どうしてキャリアダウンを選ぶ人がいるのでしょうか?

理由は下記の通りです。

1. 仕事が忙しくて自由時間が少ないから

役職がつくと責任が重くなり、仕事が忙しくなるとプライベートの時間を確保しづらくなります。

高いキャリアを一度手に入れると、維持するために仕事が終わるまで残業したり、休日でも休まず働いたりする人は少なくありません。

労働時間が長くなると生活スタイルが仕事中心になり、プライベートの時間が取りづらくなるのがネックです。

家族との時間やプライベートの時間も必要。

仕事とプライベートがうまく両立できないと、後々辛く感じてしまいます。

2. 家庭と仕事を両立させたいから

キャリアを維持することが目的ゆえに仕事が忙しくなると、家事や子育て、親の介護などと両立できなくなり、転職を余儀なくされる人は少なくないでしょう。

仕事と家庭をを両立させるには、休みが取りやすく、残業が少ない企業で働く必要があります。

例えば、正社員だと責任が重くて大変だと感じ、契約社員やパート・アルバイトへ転職する人もいます。

3. 精神的な負担から解放されるから

高いキャリアで働いていると、仕事に対する責任感が強くなります。

もし時間内に仕事が終わらなかった場合、夜遅くまで残業して仕事を終わらせる人もいるでしょう。

仕事の量が多く、精神的に追い詰められると、鬱状態になってしまう人も珍しくありません。

キャリアダウンして時間に余裕があると、精神的な負担が減ります。

また、これまでの生活を見つめ直すことで、ゆとりのある日々を送れるようになります。

心や身体が病む前に、選択肢の一つとしてキャリアダウンを検討することも可能です。

キャリアダウンで転職するデメリット

キャリアダウンすると心に余裕が生まれるなどメリットがありますが、デメリットもあります。

1. 一度キャリアダウンすると元の状態に戻るのが難しい

今まで仕事で積み上げてきた役職や実績を手放し、一度キャリアダウンすると、後で元に戻りたいと思ってもなかなか難しいです。

キャリアダウンすると仕事の量が減り、仕事に対する責任や精神的負担から解放されるでしょう。

しかし、その気楽さを一度経験すると、転職前のキャリアに戻りたくなくなってしまうこともあります。

また、再び転職するときに、より一層努力しなければなりません。

転職して元のポジションに戻れなくても本当に後悔しないか、慎重に検討する必要があります。

2. キャリアダウンの理由を聞かれやすい

役職に就いていた人や、大企業に勤めていた人がキャリアダウンすると、必ずといっていいほど転職先の面接で理由を聞かれます。

優秀な人材が会社に入ってくれると嬉しいが、企業によっては次のように推測され、採用されにくい可能性もあります。

  • 前の職場で何か問題を起こしたのではないか
  • 人間関係が上手くいかなかったのではないか
  • 入社してもすぐに辞めてしまうかもしれない

キャリアダウンの理由を聞かれても、きちんと説明ができればそこまで気にしなくても大丈夫です。

3. 年収が大幅に下がる

キャリアダウンすると役職が低くなり、年収が下がる可能性があります。

キャリアダウンすると精神的に余裕ができますが、年収が低くなるため、転職をためらう方もいます。

一度年収が下がると上がりづらくなるため、キャリアダウンによる転職はきちんと熟考しましょう。

キャリアダウンして心に余裕がほしいが、今までの生活水準を保ちたいという場合、副業などで収入源を増やす必要があります。



おすすめの転職・スキルサイト

最近では働き方が変わり、本業をしながら副業をしている方は多いため、空いている時間にお金を稼ぐことが可能です。

そこで、おすすめの転職サイトを紹介します。

転職だけでなく、リモートワークの仕事を選ぶこともできます。

1. ココナラ

引用元:【ココナラ】

知識・スキルの販売サイトである、【ココナラ】は、自分のスキルや得意なことが出品できるスキルマーケットです。

テープ起こしやイラスト作成、Webデザイン、動画編集など何でも出品できます。

【ココナラ】はTVや雑誌で話題であり、会員数は190万人を突破。

気軽に副業を始めることができるため、スキマ時間で副業したい方からフリーランスでガッツリ稼ぎたい方まで、おすすめです。

ココナラのみで生計を立てている方も多数いらっしゃいます。

まずはココナラに登録してみて、どんな出品サービスがあるか、見てみてはいかがでしょうか?



2. UZUZ(ウズウズ)

UZUZ

10〜20代に特化した就職サポートが受けられるUZUZ(ウズウズ)。

既卒・第二新卒・フリーター・ニートなどどんな人にも特化しています。

UZUZ(ウズウズ)では、就職内定率86%・入社後定着率96.8%と多くの方が就職し、長く働いています。

簡単な無料会員登録をすると、コンサルタントとのキャリアカウンセリングや、完全オーダーメイドの面接対策が受けられるんです!

また、ビジネスマナーやマインド研修など充実した講座も受けられます。

再就職が不安な方は、ぜひUZUZ(ウズウズ)へ登録してみてください。

3. IT求人ナビ

引用元:IT求人ナビ

IT求人ナビは、20代のIT系のエンジニアやWebデザイナー向けに特化した就職支援サービスです。
対象は未経験、第二新卒、既卒者、フリーターで転職を考えている方々です。

中途入社の場合、即戦力を求められるため、フリーターや未経験者は採用されにくい傾向があります。

そのため、大手の人材紹介会社から手厚いサポートを受けられないことが多いのが難点です。

でもIT求人ナビでは、未経験でも入社後に給料をもらいながら教育を受けられる企業を紹介しているため、ご自身でお金を払ってスクールに通う金銭的負担が減ります。

そのため、「フリーターや未経験職種に挑戦したいけど、なかなか採用されない」とお悩みの方も、IT求人ナビなら安心して仕事を決められます。

IT求人ナビはIT業界での実績が13年であり、安定したサポートが受けられます。

次のような方は、ぜひIT求人ナビをお試しください。

・未経験から正社員への就職を検討されている方
・自分で求人サイトなどで探しても良い求人が見つからない方
・書類選考で落ちてしまい、転職活動がうまくいかない方

4. はたらいく

はたらいくは、リクルートが運営する、地元・地域密着型の求人サイトであり、Uターン転職・Iターン転職をする方によく利用されています。

家の近くで働きたい方、趣味を充実させたい方は、とてもおすすめの転職サイトです。

転職ノウハウや転職者インタビュー記事などコンテンツが充実しており、転職についての情報収集をして自分に合った仕事を探しやすいです。

まずはサイトに登録し、求人に応募してみましょう。

>>はたらいくで求人を探す!

5. マイナビスタッフ

マイナビスタッフでは、派遣や紹介予定派遣の仕事を紹介されています。
掲載されている職種は経理・人事・総務やクリエイティブ職、販売、サービス職など幅広いです。

未経験可能な求人が多いので、挑戦したい方におすすめです。

マイナビスタッフ

この記事を書いた人

アリナ

Web系フリーランス。
SEO検定1級、英検2級、JLCA伝え方コミュニケーション検定 中級 保持。
海外渡航国 約20ヵ国。
節約・貯金・スキル習得して未来を切り開き、自由なライフスタイルを謳歌するために役立つ情報を発信しています。

アリナをフォローする
仕事
スポンサーリンク
アリナをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました