【クロスハウス1ヶ月家賃無料】東京で家賃が安い!シェアドアパートメントに月3万円代から住める!?レビュー

東京で家賃が安い!シェアドアパートメントに月3万円代から住める!?レビュー
スポンサーリンク

こんにちは、アリナ(@miia85_dct)です。

仕事や進学で上京する方で「東京は家賃が高くて一人暮らしが大変」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

東京は物価が高いので、住みたいと思いつつも家賃がネックになってしまいますよね。

東京での家賃を抑えたいんだけど、シェアハウスはどうなんだろう?

こんな疑問にお答えします。

この記事から分かること
  • シェアドアパートメントとは?
  • シェアドアパートメントはこんな方におすすめ!
  • シェアドアパートメントのメリット、デメリット
  • 賃貸とシェアドアパートメントの料金比較
  • 実施中のキャンペーン ←  かなりお得

通常のアパートやマンションの場合、都内だと家賃が月7〜8万円以上の物件が多い印象ですが、クロスハウスは家賃が3万円代からの物件が多数です。

普通のアパートやマンションにこだわらなくても良いと思っています。

私は上京する際、家賃が高いことを懸念していました。

風呂なしアパートに月3万円で住んでいた知人がいますが、その知人はそのマンションに1年も住めなかったそうです。
正直、そこまで生活水準を落としたくないですよね。

クロスハウスなら格安な値段で築浅の、水回りが完備されている綺麗なお部屋に住めます。

一度シェアドアパートメントに住むと、普通の賃貸は高すぎて住めなくなります。

私は、シェアハウス歴3年です。
以前は家賃が5〜7万円のシェアハウスに住んでいましたが、クロスハウスのシェアハウスに引っ越して月3万円ほど節約できました

年間で36万円の節約です。
旅行に行けますね。

現在はクロスハウスのシェアドアパートメントに住んでおり、クロスハウスの実態を率直にお伝えできます。

今回、東京で月の家賃が3万円代から住める【クロスハウス】を紹介します。

東京に住む予定だけど家賃を抑えたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ

>>東京、家賃3万円~【シェアドアパートメント】

\ Let's クリック /
スポンサーリンク

シェアドアパートメントとは、シェアハウスとアパートメントの良いとこ取り物件!

「シェアドアパートメント」とは、アパートやマンションのように個室で生活でき、水回りのみを共有する新しい賃貸スタイルのことです。
プライベート空間を確保しつつ、水回りを共有することで家賃を抑えられるのが特徴です。

この「シェアドアパートメント」は、クロスハウス独自の呼び方です。

シェアハウスとシェアドアパートメントの大きな違いは、共有スペースのリビングがないことです。

共有のリビングで、シェアメイトとワイワイ交流ということがありません。

シャワーやトイレ、キッチンなどの水回りのみを共有するので、シェアメイトとの交流は必要最低限でOKです。

全室個室で、個室内にテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・イス・ハンガーラックなど生活に必要な家具・家電が備え付けられています。
そのため、水回りやキッチン以外は自分の部屋で過ごせます。

また、観たいテレビを誰にも邪魔されずに観られますし、冷蔵庫の中の食べ物が勝手になくなることもありません。

シェアハウスの安さは魅力的だけど、人と交流するのはちょっと苦手という人に最適です!

私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ

>>都内300物件・3500室以上のシェアドアパートメントを見てみる!

\ 1ヶ月から入居可能です /

シェアドアパートメントはこんな方におすすめ!

おすすめ

シェアドアパートメントは、次のような方におすすめです。

  • とにかく安く東京都内に住みたい
  • 初期費用を抑えたい
  • 毎月の家賃を抑えたい
  • 新宿、渋谷、池袋、品川、上野に近いところに住みたい
  • 一人暮らしは不安だからまずはシェアハウスに住みたい
  • 短期間だけ部屋を借りたい
  • 保証人なしで契約したい

次から詳細を見ていきましょう!

シェアドアパートメントのメリット10選

メリット

シェアドアパートメントのメリットをまとめました。

一つずつ見ていきましょう。

シェアドアパートメントのメリット
  1. 初期費用が安い、3万円
  2. 個室の家賃が3万円〜
  3. 全室個室で鍵付き
  4. 家具家電付きのため、即入居可能
  5. 遠方でもWebで内覧ができる
  6. 物件間の移動が無料
  7. オンライン申し込み、契約可能
  8. 鍵の受け渡しが不要
  9. 築浅で綺麗なお部屋が多い
  10. 最短1ヶ月から入居できる

1. 初期費用が安い

家賃8.8万円の場合
(東京23区内一人暮らし平均家賃)
シェアハウス(クロスハウス)
敷金8.8万円3万円
礼金8.8万円
仲介手数料8.8万円
保証料(保証会社)8.8万円
家具家電・寝具代20万円0円
鍵交換費用2万円0円
清掃費用1.5万円0円
その他費用1万円0円
合計約59.7万円3万円

クロスハウスの初期費用は3万円のみです。
賃貸とクロスハウスのシェアハウスの料金を比較してみると、クロスハウスのシェアハウスが圧倒的に安いことが分かります。

賃貸のアパートやマンションの場合、初期費用のみで20万円以上かかることがしばしば。

初期費用が抑えられるのは、かなり嬉しいですよね!

2. 毎月の家賃が安い物件が多い

クロスハウスの物件は、部屋のタイプにかかわらず、格安な料金設定になっています。

2017年2月16日のインターネット調査において、クロスハウスはリーズナブル物件数で第1位になりました。

ドミトリー:¥29,800
セミプライベート:¥39,800
個室:¥52,000〜

※最多価格帯を表示しております。


共益費:¥10,000

共益費は、どの物件も一律 ¥10,000です。

物件によっては、¥29,800、¥39,800の個室も多数あります。

3. 全室個室で鍵付き

実際の写真 左:個室の外鍵、右:個室の内鍵

写真のように個室には全て、鍵が付いています。
それぞれの個室ごとに指定の番号を入力し、開錠します。
プライベートを完全に確保でき、貴重品が取られる心配もありません。

物件によって、鍵のタイプが異なる可能性もあります。

4. 家具家電付きのため、即入居可能

シェアドアパートメントの個室には、冷蔵庫・テレビ・ベッド・机・椅子・ハンガーラックが備え付けられており、冷暖房完備です。

シェアハウスだけど、まるでワンルームのような生活が実現できます。

家具家電を自分で用意する必要なく、すぐに入居できるのは嬉しいですよね!

5. 遠方でもWebで内覧ができる

直接物件を見に行かなくても、360°カメラで上記のように内覧が可能です。
個室だけでなく、部屋の外の廊下や、キッチン、洗濯機、洗面所など細かく見られます。

物件の内覧をWebではなく、実際に見に行くこともできます。

遠方にお住まいの方や、海外在住の方も気軽に部屋探しができますね!

>>都内300物件・3500室以上のシェアドアパートメントを見てみる!

6. 物件間の移動が無料

クロスハウスの全物件、追加費用なしで物件間の移動が無料です。

一箇所に留まらず、いろんな場所に住みたい方には嬉しいですね!

7. オンライン申し込み、契約可能

今までは契約書を郵送で送って記入し、送り返す手間がありましたが、クロスハウスの場合、Web上で簡単に契約できます
郵送で送るやり取りの場合、1週間ほどかかっていましたが、クロスハウスの契約は30分で完了します
そのため、契約のためにクロスハウスの事務所へ行く必要がありません。

遠方や海外にお住まいの方には嬉しいですよね!
ちなみに私は契約を全てオンラインで行い、入居してから一度もクロスハウスの事務所へ行ったことがありません。

8. 鍵の受け渡しが不要

クロスハウスの事務所へ直接行かなくても、物件に着いたらすぐに部屋に入れます。

たくさんの荷物を抱えて店舗に行く必要がなく、そのまま物件に入居できるのは嬉しいね!

玄関の鍵は2種類あり、bit keyというアプリを使う方法と、普通の鍵を使う方法です。
bit keyで簡単に鍵の開錠・施錠ができます。

bit keyを使えば、クロスハウスの事務所へ鍵を受け取りに行かなくても大丈夫ですが、普通の鍵を使いたい場合は、クロスハウスの事務所へ受け取りに行く必要があります。

最初はbit keyを利用して、後で鍵を使用することもできます。

私は、入居当時はbit keyを使用していましたが、今は普通の鍵を使っています。

9. 築浅で綺麗な物件が多い

クロスハウスの物件は写真の通り、築浅で綺麗な物件が多いです。
週1回の清掃サービスや設備メンテナンスがあり、常に清潔に保たれています。

ただ、自分が使用して汚れた部分は、自分で掃除しようね!

10. 最短1ヶ月から入居できる

クロスハウスの物件には最短1ヶ月から入居できるため、短期間だけ滞在したい方もOKです。
カプセルホテルやネットカフェより、充実した環境で安く住めるのもクロスハウスならでは!

就活中や研修期間中、長期連休の滞在にも便利だね!

私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ
\ 最短1ヶ月から入居可能です /

シェアドアパートメントのデメリット 3選

デメリット

シェアドアパートメントにはメリットがたくさんありますが、デメリットも少なからずあります。

一つずつ見ていきましょう。

シェアドアパートメントのデメリット
  1. 家族や友達を部屋に呼べない
  2. 年齢制限がある
  3. 布団やマットレスは備え付けがない物件もある

1. 家族や友達を物件に呼べない

クロスハウスのシェアドアパートメントは、自分の部屋に家族や友達を呼べません。
自分の部屋で家族や友達とワイワイしたい方にはシェアドアパートメントは、おすすめできません。

セキュリティー上、入居者以外の第三者の物件内の立ち入りは禁止になっています。

入居者の家族や友達でも、他の入居者からすると知らない人ですもんね。
セキュリティー面を考えると、仕方ないのかもしれません。

2. 年齢制限がある

こんなに安いなら、ずっと住んでいたいという方も多いと思いますが、実は年齢制限があるんです😭

入居者同士、年齢が近い方がコミュニケーションを取りやすいということから、クロスハウスの全物件で年齢制限が18〜39歳までとなっています。
40歳の誕生日が近づくと、退去を促す連絡が届くようです。

18〜39歳までの方は、今のうちにお得に滞在しましょう!

3. 布団やマットレスは備え付けがない物件もある

布団やマットレスが備え付けかどうかは、物件により異なります。

もし備え付けでない場合、布団セット月々1,000円、マットレス月々1,000円でレンタルが可能です。
短期間の滞在をお考えの方は、わざわざ購入しなくてもレンタルできるので便利ですね。
反対に長期滞在をお考えの方は、布団とマットレスはお店で購入して持って行った方が安くなります。

私が住んでいる物件は、布団とマットレスは備え付けられていませんでした。
そのため布団とマットレスを事前に購入し、今の部屋へ運びました。



私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ
\ 最短1ヶ月から入居可能です /

クロスハウスで現在実施中のお得なキャンペーン

現在、クロスハウスで実施中のお得なキャンペーンを紹介します。

今、契約すると4,500円分のQUOカードPAYがもらえる!

ご案内している当月中に入居すると、入居月の翌月にQUOカードPAY 4,500円分をプレゼントされます。

私も4,500円分のQUOカードPAYをもらいました!
お得すぎる!!

私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ

>>都内300物件・3500室以上のシェアドアパートメントを見てみる!

\ 最短1ヶ月から入居可能です /

東京に格安で住むならクロスハウスへ!

クロスハウスのシェアドアパートメントについて、紹介してきました。

初期費用や毎月の家賃を抑えたいなら、クロスハウスで決まりですね!

築浅で綺麗な物件に格安で住めるのは、とてもお得です。
また、まとまったお金を用意できなくても、気軽にシェアハウス生活をスタートできます。
家賃を節約すると貯金ができ、趣味や他の必要なことにお金を使えますし。

物件間の移動が無料のため、万が一、シェアハウスに馴染めなくても気軽に引っ越しができるので嬉しいですね。

東京で安く住みたい方は、クロスハウスへお問い合わせください。

私の紹介コード【NQ9H】で申し込んだ方は、1ヶ月分の家賃・共益費が無料!! ※対象物件のご契約のみ
\ 最短1ヶ月から入居可能です /

この記事を書いた人

アリナ

IT企業で営業・Webマーケター。
フリーランスでライター・Webデザイナーとして活動経験あり。
アメリカ・フィリピン留学、カナダ ワーキングホリデー、ヨーロッパ一周一人旅を経験。
海外渡航国 約20ヵ国。
留学や海外旅行、美容、フリーランス、買って良かったものなど役立つ情報を発信しています。
JLCA伝え方コミュニケーション検定・初級、ダイエット検定1級、日本化粧品検定3級保持。

アリナをフォローする
暮らし
スポンサーリンク
アリナをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました